環境に優しい塗料『バイオマスR-Si』を使用した屋根塗装|甲府市

before
屋根施工前

horizontal
after
屋根施工後



屋根塗装のポイント!!

スレートのひび割れ
こちらの屋根材は、最近よくみられる「スレート屋根」と

呼ばれるものです。

スレート屋根材は、コンクリートを板状に成形したものなので、

塗装でしっかりと膜をつくり、コーティングしておかないと、

セメント質のものはあまり水分に強くありません。
タスペーサー挿入

そして、屋根塗り替えの際に気をつけなければいけないのが、

「縁切り」という作業です。


塗装することによって水が流れ出るスペースをふさいでしまうので、

道具を使ってその隙間を確保しなければなりません。


コロニアル屋根やカラーベスト屋根は、1枚1枚薄い板を屋根に貼り合わせてあります。


雨水は、この板と板の隙間から外へ流れ出る構造になっているので、塗装をすると、塗料で板の隙間がふさがってしまいます。


板と板の隙間がふさがったままだと雨水を逃がす場所がなくなるため内部に水が溜まってしまい、屋根の腐食に繋がります。


隙間を確保するため、「タスペーサー」という道具を挿入します。



タスペーサー

これがタスペーサーです。