どんなリフォームでも出来ますか?

木造住宅の場合、通し柱や梁など構造部分は手を加えない方が望ましいでしょう。 それに配慮すれば間取りの変更などは十分可能です。

マンションなどの場合は、管理規約が定められているためこれを守る必要があります。 共用部分、例えば窓やバルコニーなど外部に面した部分などには手を加えられません。

 工事は専用部分の範囲で行うことが前提です。内部についても構造に関わる壁は外せないなど規約が設けられているので、管理規約は十分チェックしておきましょう。